セカオワ深瀬が発達障害(ADHD),精神病院,閉鎖病棟の入院歴について告白.過去はヤンキー? 

国民的に人気アーテイスト.世界の終わり.SEKAI NO OWARI.ボーカル深瀬さんは,発達障害(ADHD)の診断を受けたことがあります.発達障害・精神科医療の私的な意見を述べたいと思います.

私は医師ではありません.発達障害,精神病.治療に関しては主治医の指示に従ってください.

・医学や薬の効果を否定するものではありません.

・このブログの記事を見て何か実践された場合もあくまでも自己責任です.

ただし,一般には明らかにされていない?刺激的な情報もあります.他の団体から圧力をうけるかもしれませんが書きます.

セカオワ深瀬さんの診断はADHD(注意欠如多動性障害)

SEKAI NO OWARI 深瀬慧さんは雑誌のインタビューで、
発達障害(ADHD:注意欠陥多動性障害)と診断され、精神病院の閉鎖病棟に入っていたことを告白しています。

精神科に入院していた時の状況を深瀬さん自身が語る雑誌のインタビュー

以下 ROCKIN’ON JAPAN 2012 8月号 VOL.403 pp49より引用

<もう挫折してボロボロだったのに、そんなお仕置き部屋みたいなところに入れられて。そこに1ヶ月ぐらい入院してってという感じでしたね。そこで、結局なんで小学校の時に勉強ができなかったかがわかるんです。俺、ADHDっていう病気だったんです>

勉強の成績も思わしくなかったみたいですし,集中して何かを覚えたりするのは苦手だったのでしょう.

出典:ツイッター

ADHDとは・・・

注意欠陥・多動性障害(ちゅういけっかん・たどうせいしょうがい、: attention deficit hyperactivity disorderADHD)は、多動性(過活動)、不注意(注意障害)、衝動性を症状の特徴とする神経発達症もしくは行動障害である.

引用:Wikipedia/ADHD

漢字ばっかりでよくわからないですね・・・

現在.ADHDは注意欠如多動症へ変更

ADHD(注意欠陥多動性障害)は現在,注意欠陥多動症へ変更になっています.(2014.5月.日本精神神経学会ガイドライン)

これはアメリカの精神医学会の精神疾患の分類と診断の手引き(DSM-5)2013年を受けての対応で,<障害>より<症>の方が親や児童がダメージ・ショックを受けにくいからというのが,変更した理由のようです.

病名の変更はよくあることですね.例えば,昔は,痴呆だったのが,現在は,認知症.正直どちらでも良いですね.病名なんて.

偉いお医者さんに診断を受け時点でショックなんですから・・・当事者とすればね.ただ,診断名はあまり気にしすぎないことが必要です.

私が自ら診断をつけるとしたら,セカオワ依存症です.し,たまに,鍵を閉め忘れたかを何度も確認することがあります.なので時々,強迫性神経障害です.

ADHDを公表している著名人

栗原類 – 8歳の時、(ADHDの典型的な主症状ではないが)強いこだわりや聴覚の過敏を訴え、米国で発達障害のひとつADD(かつての名称)の診断をうけたと公表した。

マイケル・フェルプス – 両親が離婚した9歳のときにADHDと診断される

引用:Wikipedia/ADHD

ADHDだろうがなんだろうが,社会で活躍したりすることは十分可能です.

心の病気のあいまいさ.診断の難しさ

深瀬さんはどうにかならなかったのでしょうか?私的な意見を述べたいと思います.

先進国の中でも,精神科病棟数が多い,日本.経済,お金も大事だけれども,発達障害,メンタルヘルス,うつ病,対策にも力を入れ欲しいです.まあ,国に頼っていてはダメですね.国は経済優先ですから.

発達障害は、適切な段階で、適切な療育・治療が必要だと思います.という一般的なこの考え方をまず改めないと・・・.精神病など心の病気は,作られた病気が多い.

スポンサーリンク



心の病気なんて大昔はなかっただろうに,気が狂う?ことは誰にでもありますよね,それが病気と診断されれば,親・本人は治そうとする.正常に近く.治療したい.そもそも,正常とは?平均値から外れたら異常.病気?

近代科学は平均値から外れたものを病気として扱いそれを治そうとしてきました.西洋医学はケガ,感染症を治療するには有効ですが,心の病を薬のみでというのは限界があります.それは,少し考えればよく分かることです.

・もうどうしようもない時に,何かに頼りたくて,薬が必要.それによって精神的に楽になることは否定しません.

・また,投薬のみによる治療で症状が劇的に良くなることもあると思います.(例えば,軽度のうつ病に対しての投薬)

人の心は,自分で治す,人の心は人でしか治せません.(そもそも治すということって?)

深瀬さんは東京で育っているので,発達障害に詳しい情報を得やすかったり,ADHDに精通した医師も多数いたと思われます。また,母親が保育士だったようですが(子育て,保育.病気に関しての知識は得やすい).

そのような普通に見て恵まれた環境だからこそ,逆に本人にとっては大変だったのかもしれません(プレッシャーがかかる)

例えば,優れた環境の病院の,優秀な臨床心理士が自分の家族をカウンセリングで治療できるかといえば,難しいと思います。家族は冷静・客観的に自分の子供はみれないですし,どうしても情が入ります(愛情)

目標叶えます.メールでリハビリコーチングします 一期一会.この機会を見逃さないで.必ず理想のあなたに.
ここで,深瀬さんのインタビューを紹介したいと思います

深瀬さんの過去は精神病院・閉鎖病棟に入院歴あり

以下では,テレビ情熱大陸で深瀬さんが精神科病院の時の様子を語っています.音声のみです

入院していた病院は東邦大学医療センター大森病院?

詳細はこちらを参考にして下さい→セカオワ深瀬入院していた病院と公園

過去の大変な状況から、歌手になったことは素晴らしいことだと思います.人間あきらめてはいけませんね。皆、それぞれ可能性はあるんです。

病気とかでいろいろ悩んでいる人は,発達障害・病気なんか気にせずに,そんなもの最初からなかった事にしてしまいましょう.という気持ちが必要.

よく言われますが,障害を個性として捉えて,この社会でどのようにすれば上手く生きていけるかを考えるようにしましょう.深瀬さんの成功例は稀かもしれません.1%の確率かもしれません.人生をその1%に賭けませんか.1%を信じることです.

人間には無限の可能性があるということを深瀬さんが証明してくれています.彼はスターです.私たちの希望の星です.

DSCN9791

そして,世間一般の認識は,ADHDは病気だということになりますが,違う側面もあります.どういうことかというと,以下記事を引用します

スポンサーリンク



ADHDは作られた病気?

ADHDは病気?

以下 gigagin 2013 5/29 ニュースより引用

<発達障害の注意欠陥・多動性障害(ADHD)は治療薬にメチルフェニデートという薬を必要とするとされていますが、「ADHDの父」と呼ばれるレオン・アイゼンバーグ氏は亡くなる7カ月前のインタビューで「ADHDは作られた病気の典型的な例である」とドイツのDer Spiegel誌に対してコメントしました。>

引用元 GIGAGIN

皆さん、ADHDの診断基準を読んだことありますか?

子供は、本来・元気、落ち着かない人もいるだろうに。私は、静かな方おとなしい子と言われていました。→ん、内向的・情緒安定障害?

昔だったら、ちょっと変わっていた子供で済んでいたのが、病気と診断され、薬を処方され・・・実際、発達障害の数は増えているのかもしれませんが、国は最近、発達障害キャンペーン中?

うつは心の風邪です=病院受診が増える=薬の売り上げUP  みたいなキャンペーン.経済優先の世の中になっているのではないでしょうか?

心の病の診断というのも難しいと思います(私は医師ではありません.私的な意見を述べます)心に障害のない人が,嘘をついて演じれば.例えば,2か所の精神科に行ったら,それぞれ違う診断名がつくということもあり得るのでは?(1か所はうつ病,2か所目は躁うつ病)

そうすればなんらかの診断がつくのでは?

SEKAI NO OWARIの深瀬さんも,かなり精神的に参っていた時期があり,大変だったと思います.病気(そもそも病気ではない?精神的に不安定だった)を克服し活躍していることをとても嬉しく思います。そして、とても励みにもなります。これからの活躍も期待しています。

スポンサーリンク
336×280 ググ-グル広告 レンタングル大
336×280 ググ-グル広告 レンタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280 ググ-グル広告 レンタングル大

コメント

  1. 中間咲 より:

    素人のただの憶測の文だなって。

  2. […] SEKAI NO OWARI 深瀬慧さんは雑誌のインタビューで、発達障害(ADHD:注意欠陥多動性障害)と診断され、精神病院の閉鎖病棟に入っていたことを告白しています。出典:SEKAI NO OWARI&LIFE […]

  3. 匿名 より:

    この記事も読ませていただいたので感想を述べさせて頂きますが、やはり貴方は「何事も勉強不足な知ったかぶり」な方だと再度思いました。
    私の友人は元精神科医(彼も精神病持ち)ですが、貴方のような知ったかぶりの人が医師の言うことを聞かなかったり、デマを世間に広めたりして医者側としては、大変らしいのでやめてもらえませんか?
    とくに、精神科医は元々精神病持ちでも頑張りなった方も結構居るので、貴方のような迷惑な人間がいると本当に心底困るみたいです。
    そして、貴方は勉強不足なだけでなく、語彙力も非常に欠けていらっしゃるのでブログや記事を書くことをおすすめしません。(「勉強不足な勘違い」さんは、表現の自由があるとか訳の分からないこと主張するつもりかな?)

    • jp.sekaowa jp.sekaowa より:

      とぢらかといえば医療を批判する記事です(私も医療者なので医療の事は理解しています)
      記事には中立はありえません
      医療にあまりにも頼るのはどうなのでしょう?という問題提起です.

      私は精神医療の専門家でない,ただの素人ですので,記事に関しては私的な意見を述べただけです.
      ただ,誤解を生じるといけないので,若干記事を訂正しました.

      ブログの記事の冒頭にも書きましたが,
      私は医師ではありません.発達障害,精神病.治療に関しては主治医の指示に従ってください.

      (素人の浅い知識で書いた記事をあまり参考にしないようにお願いします)

  4. IKUTA より:

    障害は完治できないし、なかった事にもできません。
    自分の特徴を知って、社会との折り合いのつけ方をおのおの作り出してなんとかうまくやっていくんです。深瀬さんも折り合いのつけ方を見つけておられるのだと思います。
    症状によっては薬が必要になる人もいます。合う薬や量を探るのは大変ですけど。
    深瀬さんも自分の障害についてもっと早く知っていれば学生時代をもう少し楽に過ごせたかもしれません。でも、つらい経験があったからこそ今につながっているのでしょう。だからって、障害の診断や、子供における療育が不要ということにはなりませんよね。精神医療、診断は大切だと思います。
    子供の注意欠陥多動性障害は普通の落ち着きのない子とはレベルが違います。こちらの記事を読んで子供の受診をやめる親が出ないといいですね。
    あと、ADHDは病気ではなく、障害です。医療者なら専門でなくとも記事にするならそのくらいの確認は必要かと思います。

    • jp.sekaowa jp.sekaowa より:

      確かに薬は必要です.全くなしということではなく,過剰な投薬はどうなんろう?
      という問題提起です.

      医師の診断は大事たと思います.

      ADHDは作られた病気というのはネットの記事のリンク,引用です.
      この記事をどのようにか判断されるかは,人それぞれだと思います.
      何事もそうですが(この記事に関しても)100%正しいということはありません.
      個人的な意見に基づく記事です.

      ブログの記事の冒頭にも書きましたが,
      私は医師ではありません.発達障害,精神病.治療に関しては主治医の指示に従ってください.
      (素人の浅い知識で書いた記事をあまり参考にしないようにお願いします)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です